作品づくりのヒント 売れない時期

売れるハンドメイド作品の秘密。あなたに足りないのはコレ!

売れている作家さんはけっこういます。

しかしながら、なかなか売れなくて困っている作家さんも多いのは確かです。

売れている作家さんは、いったいどうやって売りにくいハンドメイド作品をたくさん売っているのでしょうか。

売れるハンドメイド作品にはそれなりの理由があります。

ハンドメイドマーケットを運営していた経験から、売れるハンドメイド作品の秘密を教えます。

作品が売れるようになる前に理解しておくこと

困っている女性

まず最初に言っておきたいこと。

ハンドメイド作品ほど売りにくい商品はありません。

つまりこういうこと。

もしあなたのハンドメイド作品を売りたいと願うなら、ただ単に出品するだけでは足りません。

何も考えずにいるだけでは「売れない」ということです。

視点を変える 「売れない」→「どうしたら売れるか」

売るためには、「どうしたら売れるようになるか?」という視点を持つことが必要です。

この視点を抜きにして、ハンドメイド作品は売れません。

逆に言えば、「どうしたら売れるようになるか?」という視点を持ち続けることにより、あなたの作品は売れるようになります。

しかしそうなるのはもう少し先のことになるでしょう。

売れない時期はとても大切

ハンドメイド作品が売れないのにはそれなりの原因があります。

それらの原因を取り去らない限り、なかなか売れるようにはなりません。

例えば、体調を崩した時を思い出してみてください。

体が冷えたから、疲れていたから、運動不足だったから・・・・・・。

などなど、なぜ調子が悪くなったのか自分で考えると思います。

そして体調がよくなるように、調整していくでしょう。

それと同じように、作品が売れない時期というのは、作品が売れるように調整していく時期なのです。

関連する記事

まずは原則を知っておこう

ちょっと話が脇道にそれたので、話をもとに戻します。

ハンドメイド作品を売るには、原則を知っておくべきです。

その原則とは、先程紹介した、

「ハンドメイド作品ほど売りにくい商品はない」ということです。

基本的にハンドメイド作品は売れないのです。

それを売れるようにするには、ちょっと頭を働かす必要があります。

その第一歩としてやることは、なぜハンドメイド作品が売りにくいのか、その理由を知ることです。

ここを理解することで、ハンドメイド作品がどうしたら売れるようになるか、イメージできるようになるのです。

ハンドメイド作品が売れない理由

ハンドメイド作品が「そもそも」売れない理由

  1. ハンドメイド作品は生活必需品じゃない
  2. ハンドメイド作品は競合が多すぎる
  3. ブランド力が低い
  4. 値段も安くない

ハンドメイド作品って、一つ一つの商品を綿密なマーケティングに基づいて作っているわけでなく、作家の想いだったり、創作意欲の為だったりしているので、必ずしも購入する人の欲しいものでありません。

知名度も高くはないですし、同じような作品を作っている人も多いので、ハンドメイド作品の販売はそもそもハンディが高いのです。

でも、ハンディがあるからといって決して売れないわけではなく、一度購入者から認知されると、次回以降も継続されやすいというメリットも持っています。

ハンドメイド作品(手作りの作品やアートも含めて)の販売は、いかに最初のお客さんをリピートしてもらうかというのが重要なのです。

その為、ちょっと逆説的になるのですが、作品を売れるようにするには「ハンドメイド作品の販売はハンディがある」ということを認識するところから考えてみると良いでしょう。

ハンドメイド作品は生活必需品じゃない

ハンドメイド作品は生活必需品ではありません。

水や食料がなければ困りますが、別にハンドメイド作品を買わなくても誰も何も困りません。

人がお金を使う時には、生活必需品にまずお金をかけます。

生活必需品ではないハンドメイド作品にお金を使うのは、必然的に後回しになります。

従ってそんなに売れるものではない、本質的に需要はそんなに無い、ということを認識しておくべきです。

ハンドメイド作品は競合が多すぎる

次に言えることは、ハンドメイド作品には競合が多いです。

ライバルや競合が多いということは、それだけ自分の作品が売れるチャンスが少なくなるということ。

市販の商品との競合

文房具にしても衣類やアクセサリーにしても、同じような機能や用途をもつものは市販の商品にもたくさんあります。

使い勝手、デザイン性や品質など市販の商品の方が良いものがたくさんあり、いくら魂をこめて作っても到底太刀打ちできません。

それに市販の商品は、世の中のありとあらゆるショップで売られているので、ハンドメイド作品は販売チャネルからしても、市販の商品とは太刀打ちできません。

国内外の作家さんとの競合

さらに同じような作品を作っている作家さんも競合になります。

今はネットが普及しているから、競合は国内だけではなく、海外の作家さんも競合になります。

世界中の作家さんと市販の商品が競合相手なので、埋もれない方がおかしいぐらいです。

ブランド力が低い(知名度が低い・有名じゃない)

さらに言うと、ハンドメイド作品は、ブランド力が低すぎます。有名じゃないのです。

たとえば文房具といえば、コクヨ、ゼブラ、キングジムなど誰もが知っているブランドがあります。

対してハンドメイド作品には、そのような誰もが知っているブランド力はありません。

ということは、まだリピーターやファンがついていない作家さんの作品というのは、認知度ゼロということです。誰もその存在を知りません。

同じような作品を作っている作家さんがいて、その作家さんのほうがファンがついていれば、当然その作家さんの方がブランド力があり、その作家さんの方がたくさん売れるに決まっています。

あなたのハンドメイド作品がなぜ売れないのかというと、結局「誰も知らないから」という所に行き着くのです。

関連する記事

値段も安くない

当然と言えば当然ですが、市販の商品は大量に生産するので値段も安くできます。

安くて、使い勝手が良くて、ブランド力があれば、みんなそっちの商品を買いますよね。

対してハンドメイド作品は、値段とブランド価値のバランスが大事なので、なかなか安売りできません。というか安売りはしないほうが良いです。安売りすると、安っぽい作家さんと認識されてしまうからです。

値段が全く気にならなくなるレベルで人を惹きつける魅力、とでも言えば良いのでしょうか。値段を上回る何か(技術、モチーフ、作家の味、ライフスタイルなど)が必要です。

ハンドメイドは、継続して売れる要素がある

うまくいっているイメージ

ここまでかなり否定的なことを書きました。

「じゃあ、ハンドメイド作品なんて売ってもしょうがないのか」と思った方もいらっしゃるでしょう。

でも、一度売れ始めれば、長く太く売れ続けるのもハンドメイド作品の特徴です。

市販商品はすぐ売れるけど、売れなくなるのも早いです。

市販の商品よりもファンが離れにくいし、大量に作れないので稀少価値も出てきます。

希少価値が出てくれば値段も高くなるので、利益も増えていきます。

そのためには、やっぱり売るための工夫を必要があるのです。

たくさんの売れない要素を吹き飛ばして、マイナスをプラスに変えなければいけません。

そのために必要なのが、「あ、いいかも」の力ということです。

売れるハンドメイド作品の秘密

sozai_52415

手作りの作品、アート、ハンドメイド作品(以下ハンドメイド作品)で売りやすいのは、究極のところ、お客様がひと目見て「あ、いいかも」と思った作品です。

逆に言えば、「あ、いいかも」と思ってもらえない作品は、そのままスルーされるということ。そういう作品は、お客様は2度と戻らず、注目もされず埋もれていく運命にあるということです。

ハンドメイド作品は、「あ、いいかも」とひと目で喰いついてもらわないことには、うまく売上につながっていきません。

作品をうまく売っていくには、「あ、いいかも」とお客様に思ってもらうかが勝負なのです。

なぜ「あ、いいかも」と思ってもらうのが重要なのか

なぜ「あ、いいかも」とお客様に思ってもらうことが重要なのでしょうか?

それは、お客様の目にはあなたの作品だけが見えているのではない、という事実があるからです。

他の作家さんの作品(しかも同じようなジャンルで、質も良さそう)もたくさん見ています。

いってみれば、競合過多の世界。

そこで売れるためには、いかに一瞬でお客様の心に触れることができるか。すなわち「あ、いいかも」と思ってもらえるか、が勝負なのです。

スポンサーリンク

「あ、いいかも」の作り方

相談している女性

ではどうしたら「あ、いいかも」と思ってもらえるのでしょうか。

「あ、いいかも」の作り方を説明していきます。

自分で体験する

まずは、自分で「あ、いいかも」を体験してみましょう。

たとえば、ありふれた「猫モチーフのはんこ」に「あ、いいかも」と思ってもらうにはどんな気付きが必要なのでしょう。

まずは、市販の商品や競合している作家の作品を調査してください。

ネットで検索したり、近所のお店を見て回ると良いでしょう。

「あ、いいかも」と思った作品や商品には、どんなものがありましたか。そこにヒントが隠されています。

組み合わせの法則

隠されていますといっても、まだ隠れているものの正体はわからないでしょう。

なんとなくヒントがあるような無いようなモヤモヤした感じだと思います。

そこで、自分なりに作品のコンセプトを組み合わせて行きます。

組み合わせのコツは、作品を使う用途にモチーフを組み合わせることです。

たとえば、用途が「はんこ」。モチーフは「猫」といったような組み合わせ、といった感じです。

お客さんの欲しいものは何?

ここまでは、自分の視点だけの発想です。

ここで視点を変えて、お客さんの目線で考えてみましょう。

お客さんは、どんな作品だったら「欲しい!」と思うんだろう?

お客さんは、どんな作品を見たら「あ、いいかも」と思ってもらえるんだろう?

自分の作品で、お客さんに喜んでもらえるものは作れないだろうか?

関連する記事

競合からどんどんずらす

競合から埋もれないために、コンセプトをずらしまくるという方法があります。

先程の「猫のはんこ」。

ネットでも近所のショップでもたくさん商品が売られています。競合有りすぎ状態です。

これだと完全に埋もれるので、どんどんコンセプトをずらしていきます。

たとえば、

「昭和のおばさん風な猫のはんこ」

「偉人を模した猫のはんこ」

「大富豪テイストな猫のはんこ」

といった風に。

で、すでに同じような作品があったとしたら、さらにずらします。

たとえばすでに

「大富豪テイストな猫のはんこ」があったとしたら、

「豪遊している猫のはんこ」や「大富豪テイストなうさぎのはんこ」など、

連想ゲームみたいにコンセプトをずらしていきます。

思いつくヒントとしては、用途は日常的なものであまりずらさず、モチーフを非日常の組み合わせにするのが良いでしょう。

用途をずらしてしまうと、お客様からすると意味不明のオブジェにしかなりませんからね。

あくまで用途は用途として、固定してずらさないのがコツです。

関連する記事

たくさん作ってテストする

最後は、とにかくたくさん作ってみます。

そして、テストします。

テスト方法は、友人に見せる、インスタで公開する。展示会に出す・・・・・・。

方法はたくさんあります。

とにかくいろいろ作ってみて反応を見てみるのです。

と同時に、どんな作品が反応良かったかについても把握しておきましょう。

インスタ「いいね!」数など、是非数字で記録しておいてください。

数字で把握しておくと、今後どんな作品を作れば反応がよくなるか予測も立てやすいからです。

オススメ
bubbles
継続的に作品の売上を伸ばしている人は、やっぱり努力してる

私は、約15年間アート系作品やハンドメイド作品専門のマーケットプレイスをこじんまりと運営していました。→クリエイターズマーケット・ウルトラパウダー サービス終了について 当時マーケットプレイスでの作品 ...

続きを見る

反応の良い作品は、「あ、いいかも」と思ってもらえた作品

ショッピングしている女性

反応が良かった作品は、つまりは「あ、いいかも」の力が強い作品ということです。

そんな作品が見つかれば、どんどんショップに出してみることをおすすめします。これまでとは売れ行きが違ってくるでしょう。

ハンドメイド作品は非常に売りにくい商品ですが、市販の商品と違って一度ファンをつくと右肩上がりに成長しやすいという特徴があります。

ファンが増えれば、他の作品の売上も増え利益率も向上してきます。

数が売れれば、原材料にかけているコストも工夫次第で減らせるので、さらに利益を上げることができます。

そのためにはお客様から「あ、いいかも」という声をもらうことが、最初の第一歩になるのです。

売れている作家さんを観察してみましょう

ハンドメイド作品は、基本的にはそんなに売れるものでは有りません。

でも現実には、継続して売上を伸ばしている作家さんはたくさんいます。

私が以前運営していた、ちっちゃなマーケットプレイスでさえ、売れる作家さんは安定的に売れていました。

売れている作家さんを見つけて、その作家さんを見本にしてみてください。

どんな作品があるのか、どんな品揃え、どんな値段にしているのか、などなど参考になることは多いです。

上には上がいるので、階段を登るように上を目指してどんどん挑戦してみてください。

関連する記事

自分専用ショップに挑戦してみては?

ある程度売れるようになって来たら、自分専用のショップで売ることを考えてみてください。

クリーマやETSYのようなハンドメイドマーケットプレイスでも良いのですが、ショップの世界観や作家のスタンスを伝えやすいこと、お客様の詳しいデータを取れること、作家名を認知してもらいファンになってもらうこと、継続してリピート買いにつなげやすいことなど、様々なメリットがあります。

ポイント

  • ショップの世界観や作家のスタンスを伝えやすいこと
  • お客様の詳しいデータを取れること
  • 作家名を認知してもらいファンになってもらうこと
  • 継続してリピート買いにつなげやすいこと など

自分専用のショップを持つことの一番大きなメリットは、お客様の詳細なデータが把握できることでしょう。

何月何日に、何人の来店があって、どの商品を何秒見たのか。男性が多いのか、女性が多いのか。どのような年齢が多くて、どんな作品に人気があるのか。作品の人気度に季節性はあるのだろうか。・・・といったようなことが詳しくわかります。

もし男性のお客様で、年齢からすると家族を持っていそうな感じの方が多く来店されているのだったら、ギフトにされるかもしれないなどといった仮説を立てやすくなります。そういった仮説に基づき、今までの作品を少しアレンジして対象のお客様が好きそうな作品を増やすなどすれば、売れ行きもまた違ったものにしやすいです。

「作った」→「ショップに出した」→「売れない」→「ガッカリ」の図式ではなく、なぜ売れないのかを詳しく分析することで、作品が少しずつ売れるように変わっていきます。

ガッカリするだけではつまらないですからね。たとえ今売れなくても、売れる方向さえ見えれば希望が湧いてきます。その売れる方向性が見つかるツールの一つが自分専用のショップカートなのです。

関連記事
business
手作り・ハンドメイド作品販売 ネットショップ開業の成功ポイント

小太郎 手作りのハンドメイド作品を販売したい! おすすめのショップカートってどれ? ハンドメイドをネット販売したい! 自分専用のネットショップが欲しい! どのショップカートが良いのかわからない! クリ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
ウルトラパウダー

ウルトラパウダー

アート・ハンドメイド作品のネットマーケットを15年以上運営してきた経験から、作品販売成功のポイントについて紹介しています。

おすすめの記事

笑顔の女性 1

パンダホール(pandahall)は、中国発の激安ビーズ・アクセサリーの問屋ショップ。品数が豊富だし価格も安いので、世界中のハンドメイド作家から人気です。→パンダホールとは? でも海外のショップだし、 ...

shopping 2

採算を度外視して高い材料を使っていませんか? アート、ハンドメイド作品を製作するには、当然のごとく材料が必要ですね。 材料費をなるべく抑えることで、作品の利益率を高めることができます。 作品が安定して ...

business 3

小太郎 手作りのハンドメイド作品を販売したい! おすすめのショップカートってどれ? ハンドメイドをネット販売したい! 自分専用のネットショップが欲しい! どのショップカートが良いのかわからない! クリ ...

-作品づくりのヒント, 売れない時期

Copyright© アート・ハンドメイド作品の販売で成果を出す方法 , 2019 All Rights Reserved.