もっと本格的にハンドメイドを売りたい!人気作家がBASEを選ぶ理由

ハンドメイド作品をネットで販売する場合、真っ先に思いつくのは、ミンネやクリーマなどで有名なハンドメイドマーケットプレイスではないでしょうか? 人によっては、メルカリなどのフリマアプリかもしれませんね。

ハンドメイドマーケットプレイスは、フリマ感覚で簡単に作品を販売することができる、ハンドメイドに特化したショッピングモールです。フリマアプリと同様に、すごく簡単にネットで販売できるのがメリットです。

簡単に始められる反面、様々な制限もあるため、もっと本格的にハンドメイド作品を売りたいと考える作家にとっては、少々ものたりなく感じることも確かです。

ネットで本格的に売るためには、やはり理想は自分専用のショップを持ちたいところ。でも自分専用のネットショップを作るのって、けっこう難しそうでハードルが高く感じます。

そこで登場したのが、「BASE」というショップアプリ。

BASEは、ネットや専門的なことに詳しくなくても、プロ並みのショップをスマホでも簡単に作れるショップアプリです。しかも無料で始められるという、むちゃくちゃに低いハードル設定。もっと本格的に活動したいと考えている本気度の高い作家さんに選ばれています。

そこで、BASEが選ばれる理由を解説していきます。

BASEをちょっと見てみる

理由その1:ハンドメイドマーケットプレイスからステップアップしたい

ハンドメイドマーケットからもう一歩ステップアップして、もっと本格的にハンドメイドを売っていきたいと考えているなら、自分専用のショップ開設がおすすめです。

ハンドメイドマーケットプレイスって、その名前の通りハンドメイドが販売対象です。それ以外のモノ(ハンドメイドではないモノ)は売れません。

でも自分専用のネットショップを持てば、自分の作品以外でも売れます。

たとえば、ワークショップのチケットも売れますし、作品の作り方やレシピをまとめた電子書籍や動画なんかも販売できます。

これらのグッズは、ハンドメイドマーケットではなかなか売りづらいです。業者に発注する場合は、そもそもハンドメイドではないので、ハンドメイドマーケットでは売れないのです。

ある程度ファンやフォロワーが増えてきたら、自分のファン向けのグッズ(Tシャツとかトートバッグなど)を販促業者に依頼したものを販売することも可能です。

クリエイターとしての活動の幅も広がり、扱う商品も増えるので売上げアップも見込めます。

スポンサーリンク

理由その2:作家としてのブランドを高めたい

さらに自分専用ネットショップなら、自身の世界観(ブランド)を購入者に伝えやすくなるというメリットもあります。

ハンドメイド作品というカテゴリーではなくて、作家としてのブランドを高めていきたい、思った場合、専用のネットショップを開設したほうが有利になるのです。

ハンドメイドショッピングモールと自分のショップページの考え方の違い

ハンドメイドマーケットと専門ショップの比較

ブランド主軸で展開できるのが、自分だけのショップ

ハンドメイドマーケットでは、ハンドメイド作品しか販売できません。それに対して自分専用のショップであれば、自分のブランド主軸でショップを構成することができます。

ハンドメイドマーケットだと他の作家の作品も売っていますが、自分専用のショップなら、自分の作品に関するものだけを売ることができます。

また、ショップのデザインも、ハンドメイドマーケットだと画一化されていますが、自分専用ショップなら作家としてのブランドに沿うようなテイストにすることができます。

これはとても重要なポイントで、例えばブラックを基調とした作品を作っているのに、ショップのカラーがパステル調だったら、ブランドイメージが狂ってしまいますよね。

ファンやお客さんには間違ったメッセージを送ってしまうことになりかねません。やはりきちんと作家としてのブランドを守るためには、ショップのデザインが重要なメッセージになるのです。

価格をコントロールしやすい、自分専用ショップ

もう一つ重要なポイントとしては、価格の問題です。

ハンドメイドマーケットやフリマアプリなら、似たような作品と価格を簡単に比較できますが、自分専用のショップなら他の似たような作品と値段を比較されることが少なくなります。

さすがにあまり高くすればクレームがつくかもしれませんが、変な値下げ競争には巻き込まれずに済みますし、価格のコントロールもしやすいです。

スポンサーリンク

理由その3:技術に詳しくなくても簡単にショップが作れる

ハンドメイドマーケットから一歩ステップアップして、自分の専用のショップを持ちたい!と思っても、ネットショップを作るのってけっこうハードルが高いです。

専門用語とかたくさん出てきますし、値段も高そうなイメージがあります。

ネットには詳しくないし、専門的なことはよくわからないし、勉強をしている暇もない。

だから本当は自分のショップを持ちたいけど、いろいろハードルが高そうだから今は止めておこうと考える作家さんも多いのでは無いでしょか?

そこで登場したのが、「BASE」というショップアプリです。

BASEなら、スマホで手軽にショップを作れて、センスの良いデザインのショップがすぐにできます。

最初は最小限の機能でスタートできるので、始めるハードルがすごく低いです。

慣れてきたら少しショップの機能をグレードアップできるから、ゆくゆくは本格的なショップに育てることも可能。しかもアプリをインストールする感覚で手軽にできるのです。

作品の写真を並べるだけで、プロ並みショップができる

ハンドメイド作品をネットで販売する場合は、写真が命です。

BASEは画面デザインがスッキリしていてシンプルだから、きれいな写真がすごく映えます。ちょっと高めの一眼レフで作品の写真を撮って並べていくだけで、センスの良いショップページができてしまいます。

デザインが良いショップだと高級というイメージがあるので、少々値段が高くしても「ま、いっか」という感覚になってしまうから不思議ですよね。

スポンサーリンク

理由その4:商品アイテム数を増やせる仕組みがある

ネットショップは、品揃えが多いほうが集客や売上の面においても有利に働きます。

自分のハンドメイド作品だけでは、なかなか商品アイテムを増やすことは難しいですが、作家関連グッズを加えることで品揃えを多くすることができます。

BASEでは、「pixivFACTORY」や「monomy」など受注生産型の商品支援サービスと連携しているので、Tシャツやスマホケース、アクセサリーなど簡単に販売商品を増やすことができるのがメリットです。作家のグッズとしてスマホケースやノートの販売を簡単に展開できるようになります。

このようなサービスはBASEだけの特徴で、BASEが選ばれる大きな理由となっています。

購入するお客さんとしても、あなたの作品を欲しいと思って買いに来てくれるのですから、選択肢が多いほうが満足度も高くなります。

スポンサーリンク

理由その5:管理の手間がかからない

BASEが選ばれる理由の5つ目は、管理の手間がかからないことです。

ネットショップの運営って、メール対応とか入金管理とかけっこう地味な作業が多いんです。作品制作する時間が削られてしまって、ネットショップ続けられないという方も多いです。

BASEなら、やることはとてもシンプル。

BASEでやること

  1. 商品を登録する。
  2. 商品が売れたら発送する
  3. 売れた代金をBASEから入金してもらう

BASEでやることは、大きくこの3つだけです。

専門のショップを持つなら、もっともっと細かい設定が必要なのですが、BASEは、やることは極力シンプルになっています。

最初から難しいことをしていると、それだけでめんどくさい感じになってしますが、BASEなら最初はシンプル。

ネットショップに慣れてきたら、少しずつ欲しい機能を追加していけば良いだけ。だからとてもハードルが低い。

決済がシンプルでわかりやすい

BASEでは「BASEかんたん決済」という決済の仕組みがあります。

これは、クレジットカード、コンビニ決済、銀行振込、後払い決済、キャリア決済に対応しています。

ショップ側手数料はかかってしまうけど、いったんBASEが窓口になってくれるので、面倒な入金管理とかやらなくて良いんです。BASEに入金申請するだけの手間いらず。

スポンサーリンク

BASEが使われる理由まとめ

BASEは、もっとハンドメイド作品を本格的に売りたい!でも、手間がかかるのは嫌!という声に応えてくれるショッピングアプリです。

BASEが選ばれる理由

  1. もっと本格的に売りたい!に応えてくれる
  2. 作家としてのブランドを高められる
  3. 技術に詳しくなくても簡単にショップが作れる
  4. 商品アイテム数を増やせる仕組みがある
  5. 管理の手間がかからない

ハンドメイド作品だけを販売するだけでは、やはり限界があります。

もう少し幅を広げるには、ワークショップを開催したり、関連グッズを販売することが欠かせません。それにはやはり自分専用のショップが必要になってきます。

BASEなら、無料で簡単に始められるし、開設数2年連続No.1という実績で安心。

 無料ショップ開設なら【BASE】

  • この記事を書いた人
ウルトラパウダー

ウルトラパウダー

アート・ハンドメイド作品のネットマーケットを15年以上運営してきた経験から、作品販売成功のポイントについて紹介しています。

おすすめの記事

笑顔の女性 1

パンダホール(pandahall)は、中国発の激安ビーズ・アクセサリーの問屋ショップ。品数が豊富だし価格も安いので、世界中のハンドメイド作家から人気です。→パンダホールとは? でも海外のショップだし、 ...

shopping 2

採算を度外視して高い材料を使っていませんか? アート、ハンドメイド作品を製作するには、当然のごとく材料が必要ですね。 材料費をなるべく抑えることで、作品の利益率を高めることができます。 作品が安定して ...

business 3

小太郎 手作りのハンドメイド作品を販売したい! おすすめのショップカートってどれ? ハンドメイドをネット販売したい! 自分専用のネットショップが欲しい! どのショップカートが良いのかわからない! クリ ...

-ショップカート

© 2020 アート・ハンドメイド作品の販売で成果を出す方法