ポストカードをネットで売るなら、旅行モノがオススメ

ポストカードを販売したい人はとても多いんですけど、実際に売るとなったらなかなか難しいんですよね。

私が以前やっていたクリエイターズマーケットでも、ポストカードの出品数自体はとても多かったんですが、なかなか売れませんでした。

でも絶対に売れないということもないので、そこが難しいところなんですね。

事実、私もポストカードを買うのは好きで、ネットはもちろん手作り市なんかでも気に入ったのがあれば購入しています。

でも、どんなポストカードが売れやすいんでしょうか? 需要のありそうなポストカードを考えてみることにします。

一番売れてたポストーカードは、旅行モノだった

以前やっていたクリエイターズマーケットで売れてたポストカードを思い出してみると、一番売れていたのは、旅行モノのポストカードでした。

国内外の風情のある場所をスケッチしたイラストポストカードが、ポストカードの中でもかなり売れていました。

イラスト自体に味があり、そこに行ったことのある人は思い出や郷愁をさそうようなテイストでした。

イラストレーター自体の力量も高く、ファンの方からの指名買いもありましたね。

あとは動物モノも売れていましたが、でもやはり売れ筋といえば断然旅行モノでしたね。

旅行モノって、非日常を表現したものでもあるので、ちょっと疲れているときなんかにポストカード見るだけで、現実逃避ができるというか、一瞬でリラックスできるんですよね。

スポンサーリンク

思い出を形に残しておきたい!

たしかに、海外などに旅行に行ったりすると、無性に観光地の写真が載っているポストカードを買い求めてしまうことがよくあります。

お土産モノのお店やホテルの物販コーナーにも必ず観光地のポストカードが売っています。

行きたいけど時間が無くて行けなかったところを買っておこうとか、写真撮れなかったから買っておこうとか、自分よりもきれいに撮れているから買っておこうとか、いろんな理由をつけてポストカードを購入しています。

また、美術館や展覧会に行っても、展示作品のポストカードをついつい買ってしまうこともよくありますよね。

印象にのこった展示のポストカードなんか、まっさきにカゴに入れてしまいますよ。

こういうところから考えてみると、人間って、記憶をモノとして形に残しておきたい!という衝動があるんでしょうね。

思い出を残しておきたいと強く思うんですよね。人間の習性なんでしょうか。

スマホの写真とは別物

スマホやデジカメで写真を撮るのは違って、ポストカードはまた違った感じの思い出になるんですよね。

スマホだと個人的なものだったり、投稿用だったりするけど、ポストカードだとそれよりもちょっと公式感があります。親とか親戚とか上司に見せられる感じ、というんでしょうか。

だからといってはなんですが、郷愁をさそうようなテイストのポストカードってけっこう需要があるような気がします。

スマホやデジカメの写真と、ポストカードはまったく別モノとして考えたほうが良さそうです。

もちろんそれは写真でも良いし、イラストでも良いと思います。ひと目で見て、感傷的になるのが良いですね。

ポストカードで生まれるストーリー

たとえば、温泉地のポストカード。

「ああ、あのときみんなで旅行に行った時、ここの橋を通ったよなあ!懐かしい!」

「みんな元気かなあ? そうだ、このポストカードをみんなに送ってみよう!」

というように、ポストカードがきっかけとなって忘れかけていた記憶がよみがえり、疎遠になっていた仲間との交流にもなります。

売れる旅行モノポストカード

旅行モノのポストカードのデメリットとしては、対象が広すぎるということ。

どのスポットを作品にすればたくさんの人にヒットするのか、まったく読めないのです。

それだとまったく話になりませんよね。

じゃあ、どうすればよいかというと、人気スポットに絞るんです。

人気スポットに絞る!

人気スポットなら、たくさんの人に知られているし、実際に訪れている人も多いハズです。

それに観光客がたくさんいるから、満足な写真が撮れなかったという人も多いでしょう。

そんな人向けに、しゃれたイラストや写真のポストカードがあれば、購入してくれる確率もぐっと増えるのではないでしょうか。

海外の人にもアピールする

旅行モノなら、日本を訪れた海外の旅行客にもヒットする可能性があります。

今は新型コロナで日本への旅行も制限されていますからね。

「ああ、また日本行きたいけど、コロナで行けない。」という人にアピールできます。

京都や大阪、東京などの人気スポットや、桜の風景、神社や富士山など、日本の人気スポットをポストカードにしてみてはどうでしょう。

海外向けに売るなら、Etsyやpinkoiといったハンドメイドマーケットに出品するのも良いでしょう。

ハンドメイドマーケットアプリの選び方&賢い売り方

ハンドメイド作品を販売するとなるとまず頭に浮かぶのが、ミンネやクリーマといったハンドメイドのマーケットプレイスです。 ハンドメイドマーケットプレイスとは、フリマ感覚で簡単に作品を販売できる、手作り品専 ...

続きを見る

旅行モノのポストカードにチャレンジしてみませんか

ポストカードを売りたいけど、どんなポストカードが売れるのかわからない!

ポストカードが売れない!

といった方は、ぜひ旅行モノのポストカードにチャレンジしてみてください。

観光地の人気スポットなどをモチーフにして、郷愁をさそうテイストがオススメです。

日本の人気スポットなら、海外の人向けを対象にするのもかなりおもしろいと思いますよ。

こちらも
postcards
ポストカードをネットで売るときの値段の決め方

クリエイター・アート作品で、最初に手がけやすいのは何と言ってもポストカード作品でしょう。 今までに作ったイラストや写真をデジタルデータ化して印刷屋さんに持っていけば、綺麗に印刷してくれます。 費用もそ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
ウルトラパウダー

ウルトラパウダー

アート・ハンドメイド作品のネットマーケットを15年以上運営してきた経験から、作品販売成功のポイントについて紹介しています。

おすすめの記事

笑顔の女性 1

パンダホール(pandahall)は、中国発の激安ビーズ・アクセサリーの問屋ショップ。品数が豊富だし価格も安いので、世界中のハンドメイド作家から人気です。→パンダホールとは? でも海外のショップだし、 ...

shopping 2

採算を度外視して高い材料を使っていませんか? アート、ハンドメイド作品を製作するには、当然のごとく材料が必要ですね。 材料費をなるべく抑えることで、作品の利益率を高めることができます。 作品が安定して ...

business 3

小太郎 手作りのハンドメイド作品を販売したい! おすすめのショップカートってどれ? ハンドメイドをネット販売したい! 自分専用のネットショップが欲しい! どのショップカートが良いのかわからない! クリ ...

-ハンドメイド販売ポイント, ポストカード

© 2020 アート・ハンドメイド作品の販売で成果を出す方法