ハンドメイドの梱包方法 作品の価値をアップさせる梱包とは

自分で作った作品をプレゼントするとき、あるいはネットで売れたときなど、お客様に作品を渡す時には、作品をなにかに入れて渡しますよね。

作品に何かに入れることを梱包と言います。

でも梱包と言っても、日常的に行うものではないので不慣れに感じる方も多いです。

そこでこのページでは、ハンドメイド作品の梱包方法について紹介していきます。

ハンドメイド作品の梱包の役割

配達員

梱包は、そもそも大事な商品を守り、新品の状態のままでお客様の元に届ける、という役割を持っています。

この商品を守るという役割の他に、見た目の問題があります。

オシャレな梱包で作品の価値が上がるの?

みすぼらしい見た目だと、お客さんがガッカリ。

せっかく買った作品の価値が落ちたような気もします。

「えっ!こんな簡素な梱包に入ってるモノ買っちゃって大丈夫なの?」

「すごいケチくさい」

と買った人が心配になってしまったり。

あるいは、

「まあ、梱包がこんなだから、中身も大したもんじゃないだろう」

と作品の価値を見下してしまうことも。

逆に梱包のクオリティが高ければ、お客さんの印象もガラッと変わります。

「おしゃれなパッケージ!中に入っている作品もおしゃれ!」

「パッケージにもこだわっていて、作家さんの作品にかける意気込みを感じる!」

などなど、プラスのイメージに。

梱包によって作家のブランドも左右される

梱包がチープだったりすると、作家のレベルまで落とされかねません。

「作品そのものを大切にしない作家なのではないか」と、思われてしまうからです。

そうなると、作家としての信用度、ブランド力まで落としてしまいかねません。

もちろん、しっかりした素敵な梱包であれば、作品もぐっと良く見えます。

梱包までセンスが良い作家さんと評判も上がります。

アップル創業者に学ぶ梱包の重要性

人は表紙で書籍を評価する。

だから、アップルの飾りやパッケージは、すべて、なかに素晴らしい宝石が入っているとわかるものにしなければならない。

ースティーブ・ジョブズ(アップル創業者)

ウォルター・アイザクソン 著「スティーブ・ジョブズII」講談社

Apple社の梱包が良い例ですよね。

Apple社では商品デザインと同じぐらいのレベルで、梱包についても力を入れています。Apple社といえば、iPhoneやiPadで世界中に熱狂的なファンを持つ会社。

上の言葉は、Apple社を創業したスティーブ・ジョブズ氏の梱包に関する有名な言葉。いかに梱包を重視しているかわかります。

まさにAppleが先駆けとなって、先進的なIT企業を中心に、様々な企業で梱包のデザインにも力を入れ始めているんです。

お客さんとしても綺麗な梱包だと嬉しいですよね。

オススメ
オススメの本
人気ハンドメイド作家を目指すなら読んでおきたい本 厳選10冊

作品を作ったけど、思ったほど売れないなー。 人気作家と自分との差はなんだろう、どこにあるんだろう。自分も人気作家になりたいなあ。 そんなことに疑問や野望を持った時にオススメの本を集めて見ました。 全て ...

続きを見る

ハンドメイドの梱包方法

実際にどうやって梱包を組み立てて行くか考えてみましょう。

作品の形状から梱包サイズを考える

自分の作品の形状から、どうやったら作品を綺麗な状態で届けることができるか考えてみます。

作品のサイズ(LxHxW)と重量をはかって、図を描いてみます。

だいたいの梱包サイズがそれでわかると思います。

サイズがわかったら、次に梱包の素材についても考えます。

ダンボール箱がいいのか、紙袋でも代用できそうか。

ボックスにするのだったら、どんな材質ものが良さそうか。

作品が壊れないように梱包する

せっかくの手作りの作品です。きれいな状態でお客様の手元まで届けたいですよね。

配達されているときのこともしっかり考慮に入れておきましょう。

作品がお客様の手元に届くまでには、多くの人の手を経て届きます。

作品を引き取ってから、まずは荷物の小さな集積所に行き、仕分けされて、そこから地方の大きな倉庫まで運ばれます。さらに仕分けがされて、配達先の地方の大きな倉庫に運ばれて、その地域の小さな集積所を経てお客様の手元に届けられます。

そのため、小さなトラックで運ばれたり、大きなトラックで運ばれたり、人が持って運んだりといろいろな運ばれ方をされます。そのとき、たくさんの荷物を一度に運ぶために、荷物を積み上げて運びます。自分の作品の上に他の荷物がのることもあります。

運ぶ人もいろいろな人がいます。壊れないようにそっと運んでくれる人もいるでしょうし、がさつな扱い方をする人もいるでしょう。

いろんなケースを想定して、どんな乱暴な運び方をしても中身の作品が破損しないように考えて梱包することが重要です。

ポイントとしては、中身の作品が梱包の中で動かないように固定することが重要です。

箱に詰める場合は、作品が中で動かないようにクッション材を入れることも考えたほうが良いでしょう。クッション材は100円ショップやホームセンターでも購入できますし、ネットの梱包ショップでも購入できます。

お客様の気持になる

自分の作品を梱包するとしたら、どんな風にしたらお客さんに喜ばれるでしょうか?

梱包を考える上で、どんなものにしたらいいかアイデアに詰まる時があります。

そんなときは、一度お客さんの気持ちになってみることをオススメします。

「ピンポーン」って家のチャイムがなって、注文した作品が届いた!となったとき、どんな梱包にしたら嬉しいだろう?

きっと注文した作品さんらしい梱包がふさわしいんだと思うのです。

ロリータ系だったら、ロリータ系。ほのぼの系だったら、ほのぼの系の梱包、というように。

良い梱包を参考にする

これまで自分で買った商品で、気に入った梱包やパッケージはありますか?

もし気に入ったものがあれば、是非ちょっと研究してみてください。

梱包のサイズ、形、デザイン、色味、全体的な重さなどなど。

梱包を開けて商品を取り出すときの感じとか、覚えておくとかなり参考になります。

このようなほんのちょっとした工夫が、他の作家さんとの差別化となっていきます。

こうやって書くとなんとなく、真面目くさった感じですが、実際はおもしろ半分、興味半分といった感じで、「どうやったらお客さんに楽しんでもらえるか、喜んでもらえるか」と言った視点で梱包を組み立てて行くと良いと思います。

おしゃれなデザインの梱包資材を選ぶ

だいたいの作品サイズを調べて、どんな梱包にしようかイメージができたら、次は梱包資材を購入しましょう。

最近はおしゃれな梱包資材がたくさん売られています。しかも、しっかりした素材で作られており、簡単には壊れないようになっているものも多いです。

どうせならお客様からも好印象をもたれやすいおしゃれなデザインの方が良いですよね。作品のイメージもアップします。

おすすめの梱包ショップ

こちらのページでは、ネットで買える、おすすめの梱包ショップを紹介しています。

packing
ハンドメイドの梱包が揃うショップまとめ

ネットでハンドメイド作品を売るときに忘れてはいけない重要なモノ。 それは「梱包」です。 お客さんが最初に見るのが、あなたの選んだ梱包です。 梱包がみすぼらしいと、作品も安っぽく見られがちです。がっかり ...

ポストカードのOPP袋を買えるショップはこちらです。安いショップもあります。

woman smile
【仕入コスト削減】OPP袋のメール便対応してくれるショップはココ!

「商い支援」や「ラッピング倶楽部」などのラッピング・包装用品専門ショップはなんでも揃っていて便利ですが、送料が高いのがネックです。 「商い支援」は、税込10,800円以上で送料無料。それ未満の場合は、 ...

  • この記事を書いた人
ウルトラパウダー

ウルトラパウダー

アート・ハンドメイド作品のネットマーケットを15年以上運営してきた経験から、作品販売成功のポイントについて紹介しています。

おすすめの記事

笑顔の女性 1

パンダホール(pandahall)は、中国発の激安ビーズ・アクセサリーの問屋ショップ。品数が豊富だし価格も安いので、世界中のハンドメイド作家から人気です。→パンダホールとは? でも海外のショップだし、 ...

shopping 2

採算を度外視して高い材料を使っていませんか? アート、ハンドメイド作品を製作するには、当然のごとく材料が必要ですね。 材料費をなるべく抑えることで、作品の利益率を高めることができます。 作品が安定して ...

business 3

小太郎 手作りのハンドメイド作品を販売したい! おすすめのショップカートってどれ? ハンドメイドをネット販売したい! 自分専用のネットショップが欲しい! どのショップカートが良いのかわからない! クリ ...

-梱包

© 2020 アート・ハンドメイド作品の販売で成果を出す方法