粟田洋介 個展『ストリートキャット』

二匹の猫と暮らすアーティスト、粟田洋介の個展です。

タイトルは『ストリートキャット』

ストリートキャットたちは、かなり過酷な環境で生きていて、そしてとても自由、なんて勝手な憶測をしてしまいます。

そんなミステリアスな想像力を掻き立ててくれるストリートキャットたちとの出会いは、お気に入りのアート作品との出会いと似ている気がします。

自身の初めての猫はストリートキャットでした。そして、今も一緒にいます!

そんな思いを表現したいと思います。

スポンサーリンク

イベント名

粟田洋介 個展『ストリートキャット』

開催期間と日時

2018/8/17~8/29

開催場所

猫の額

開催場所住所

東京都杉並区高円寺北3-5-17

イベント詳細

イベント詳細はこちら

自宅住所を知られたくない!オススメサービス

sozai_49253

ネットショップでハンドメイドを販売したいけど、自宅住所や電話番号、本名を知られたくない! 

ネットショップを開業する場合、「特定商取引法」に則ってショップの連絡先(住所・電話番号・本名)の表記は必須ですが、最近は販売者にすぐ連絡を取れる体制が整っているなどの条件を満たせば、プラットフォームやバーチャルオフィスの住所を使っても可能というようになってきています。

そこで、オススメのサービスを紹介します。

クリエイター支援のバーチャルオフィス

一般社団法人 和文化推進協会の提供するバーチャルオフィスサービスで、クリエイターのネット販売支援を目的として運営されています。

JR梅小路京都西駅エリアで運営している「京都朱雀スタジオ」というリアルな場所の住所を借りられるところもポイント。

ショップやクリエイターの信用度もぐーんとアップ!

気になる費用はなんと月額500円!その他にオプション費用や入会金などがかかりますが、他社サービスと比較するとかなり魅力的な内容になっています。

なんといってもクリエイター支援というのが心強いですよね。

本格的に売りたいけど、難しいのは苦手な方に「BASE」

プログラミング知識は不要で、無料ですぐに使えます。

所在地や電話番号を非公開設定にできる機能も魅力!

「配送日指定」「年齢制限」などの拡張機能を、Appsで簡単に追加実装できるのが特徴です。(一部有料あり)

pixivFACTORYと連携しているので、イラストがあれば缶バッチやTシャツ、トートバッグなどの商品を作ることができます。ショップを作りたいけど、商品数が少ない場合にオススメ。

スマホでアクセサリーを作れるmonomyとも連携しているので、簡単にアクセサリー販売も可能です。

決済手数料は、BASEかんたん決済手数料(3.6%+40円)とサービス利用料3%の2種類。

グーグルアナリティクスは設定できますが、Googleサーチコンソールに対応していないのが難点。検索エンジンに反映されるまでに時間がかかるデメリットも。

とはいえ、600万人に利用されているショッピングアプリ「BASE」に自動で反映されるので、集客力はしっかりカバーしてくれます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ウルトラパウダー

アート・ハンドメイド作品のネットマーケットを15年以上運営してきた経験から、作品販売成功のポイントについて紹介しています。

おすすめの記事

笑顔の女性 1

パンダホール(pandahall)は、中国発の激安ビーズ・アクセサリーの問屋ショップ。品数が豊富だし価格も安いので、世界中のハンドメイド作家から人気です。→パンダホールとは? でも海外のショップだし、 ...

shopping 2

採算を度外視して高い材料を使っていませんか? アート、ハンドメイド作品を製作するには、当然のごとく材料が必要ですね。 材料費をなるべく抑えることで、作品の利益率を高めることができます。 作品が安定して ...

business 3

小太郎 手作りのハンドメイド作品を販売したい! おすすめのショップカートってどれ? ハンドメイドをネット販売したい! 自分専用のネットショップが欲しい! どのショップカートが良いのかわからない! クリ ...

-アート・ハンドメイド系イベント

© 2022 アート・ハンドメイド作品の販売で成果を出す方法