purchase

ハンドメイド販売ポイント ネットショップ開業 値段設定

ハンドメイド作品を購入する時、お客さんはどこを見て買う?

更新日:

作品を購入する時って、お客様はどんなところを見ているのでしょうか?

アート作品やハンドメイド作品って、普通に売られている既製品とはまるきり性格が違います。

そのため、作品を作る側としては、お客様の購入時の心理状況や購入を決定するポイントが「なかなかわかりづらい」というのが本音ではないでしょうか。

そこで、私がいつも作品を購入を決める時のポイントをいくつかリストアップしてみたいと思います。

作品をネットで販売する時のチェックポイントとして参考としていただければありがたいです。

デザインや色(作品の第一印象)

woman business

一番最初にお客様の目を捉えるのは、なんといっても作品の第一印象、見た目です。

第一印象を決めるのは、作品の形そのものと良いでしょう。デザインや色、モチーフです。

お客様には潜在的に「こんなのがあったらいいな」という願望がありますので、その願望が具現化されている作品を見れば作品の画像を見た瞬間に「あ、いいかも!」と思うものです。

でも、なんの興味も惹かなければそれともそのままスルーして、2度と戻りません。

作品のデザインは、作家さんのセンスが一番反映される部分です。センスというのは、言葉にできない感覚と言っていいと思います。作品を作るときに表現したいことが完成した作品から漂う雰囲気となって現れます。それがセンスだと思います。

お客様の潜在的な願望と作品の持つセンスが呼応して、初めてお客様の目に引っかかるのです。そして、一度引っかかれば購入意欲がグン!と上昇します。

関連 人気作家は知っている。売れるハンドメイド作品の秘密

価格の妥当性

woman smile

購入意欲が上昇して、「この作品買っても良いかも」という気になっているお客様が次にすることは、価格を確認することです。

この価格もなかなかセンスがいるもので、お客様の中の相場感からして高すぎるのも安すぎるというのも、あまりうまくいかない。

作品に見合った価格で、且つお客様の感覚で若干安いぐらいがベストな価格です。

といってもそんなベストな価格なんて決められないですから、なぜこの価格をつけたのかを説明する必要があります。

良い素材を使用しているからだったり、技術が難しいものだったりといった理由があるかと思います。それを画像や文字で説明することで、お客様は価格が多少高くても納得するものです。

スポンサーリンク

作品のクオリティ

PCを操作している女性

作品の価格を見て許容範囲あるいは納得したお客様が次にすることは、作品の吟味です。

作品の品質を確認します。つまり、使いやすいかどうか、壊れやすいのではないか、使用時のイメージ、といった様々な視点で作品を吟味します。どういった情報で吟味するかというと、作品の画像と作品の説明文になります。

お客様はこの段階ではすごくシビアになります。なぜなら、このポイントで購入するかどうかをほぼ9割決めるからです。

ここではなるべくお客様の背中を押してあげるような情報を付加すると注文数を上げることができます。お客様の視点になって、この作品のウリや品質の良さをアピールすると良いと思います。

実際の使用シーンを想定した画像や、どんな風に使うと便利なのかといった情報などを載せるとお客様も作品を吟味しやすく、購入後の満足度も高くなります。

テレビショッピングをイメージしてみると比較的イメージしやすいと思います。

ポイント
  • 使いやすそうか
  • 壊れなさそうか
  • 使用時のイメージ

関連 ネットでハンドメイド作品買う時のお客様の不安とは

作家の個性

girl

購入を決める補足的な要件としては、作家の個性があります。主に作家プロフィールのページを見ると思います。

作家さんは、どんな人柄の人なのか、どんな経歴や実績があるのか、他にどんな作品を作っているのかが購入者側としては気になるところです。

作品が気に入っていても、作家さんがあまり好きではなかった場合は購入を止める場合がありますので、情報を常に最新の状態に更新しておくと良いと思います。

ポイント
  • 作家さんの人柄
  • どんな経歴や実績があるのか
  • 他にどんな作品があるのか

関連 官能表現を取り入れて、プチ差別化するテクニック

ショップの安全性

うまくいっているイメージ

最後のポイントとしては、ショップの信頼性があります。

作品が気に入って購入ボタンを押して決済画面に入るところで、ふと送料や消費税が気になります。そうすると、少々不安感がよぎるのです。

「このショップで買って大丈夫だろうか?」

その時点で、配送や返品方法の記載は明記されているかどうか、問い合わせ先が書かれているか、他にも購入している人がいるかどうかを確認していきます。

きちんと丁寧に明記されていればショップを信頼し決済画面に進みますが、中途半端な記載内容だとショップの対応も不親切と感じて購入を取りやめる場合もあります。

ポイント
  • 配送、返品方法に関して明記されているか
  • 問い合わせ先が明記されていているか
  • 他にも購入している人がいるか?

まとめ:アート、ハンドメイド作品は画像情報が命

camera

以上、「第一印象」「価格」「クオリティ」「作家」「ショップ」5点に絞って作品を購入するお客様の視点でどのような心理で作品の購入を決定するのかについて書いてみました。

おさらい
  • 第一印象:作品の見た目。一番最初にお客様の目を惹きつける。
  • 価格:高すぎず、安すぎず。価格の理由があると良い。
  • クオリティ:使いやすそうか、壊れなさそうか、使用時のイメージ
  • 作家:プロフィール、実績、他の作品
  • ショップ:配送・返品方法、問い合わせ手段、他にも購入した人がいるか

これらの5点の中で一番重要なのは、やはり最初の「第一印象」です。ここを通過しないことには、なかなか購入まではしてくれません。

そのためには、人目を惹きやすい写真を撮影することも大事です。第一印象でパッと惹きつける画像があれば強いです。

反対に画像がボヤケていたり、色味が悪かったりした作品写真だとそれだけでスルーしてしまいます。「あれ、作家さんやる気ないんじゃない?」「売る気ないんじゃない?」と思ってしまうのです。

こういう意味でも、作品の価値を適正に引き出す意味でも写真撮影の腕は無いよりあったほうが良いでしょう。

撮影技術に自信がなくても、まずは手を抜かずに購入者が見たいような写真を載せることを心がけてください。

写真撮影のテクニックに関しては、自力でやるより詳しい人に教えてもらった方が早いし、確実です。

でも周りに教えてくれる人もいないし、どこに行けば教えてくれるかもわからない!

そんな時のおすすめサイトは「ストアカ」です。

教えたい人と学びたい人をマッチングしてくれるサイトで、登録生徒数10万人以上、講座数も1万件以上ある人気サイトです。

カメラ教室も人気講座のひとつ。

ちなみにカメラ教室で検索すると、全国で1,000以上の教室と講座がヒットします。

講師が個人で教えてくれるので、何万円もする講座やスクールに通わないと学べないようなコアな内容が、なんと数千円ぐらいの費用で受けられるんです。

「初心者でも基本から教えてくれる」「しっかり教えてくれる」など、口コミでも人気。

check ストアカでカメラ教室を見てみる


ハンドメイドのネット販売にオススメのショップカート

自分専用のオリジナルショップが欲しい!

ハンドメイドのネット販売に適したショップカートを複数社の中から2社を厳選しました。

手数料が安く、手間もかからない。初めてでも簡単操作。それでいて、集客やリピーターを確保できる仕組みが豊富。

そんなショップカートだけを選びました。

費用は安くて操作は簡単だけど、できることはプロ並み!

アザラシ
あざらし君

ハンドメイド作品のネット販売なら「おちゃのこネット」

OCNK

無料の試用期間あります

「おちゃのこネット」は、ファッションやハンドメイド雑貨のショップに多く利用されているショップカート。

ハンドメイド販売に合いそうなテンプレートが豊富に揃っていて、クリック一つで簡単にショップデザインが完成する手軽さ。

ポイント発行、会員向け特別割割引設定、画像付きのメルマガ発行などの機能も使えるので、リピーター獲得&集客に効果を発揮します。

スマホ向けのショップが月額540円から始められます。

無料お試し期間があるから、初めての方でも安心です。

無料で始められるのが魅力「イージーマイショップ」

easy_my_shop

定期購入、頒布会の設定もできる!

データ容量が約100MBと制限がかかってしまいますが、初期費用・月額費用とも無料!

さらに有料コースに切り替えると、ハンドメイド販売で便利なネーム入れ機能セットでの販売など、さらに売上増を狙える仕掛けを簡単に使えるようになります。

定期購入や頒布会といった定期販売でしっかりリピーターを確保。毎年のカレンダーや季節ごとのオリジナル作品販売にもチャンス!

ショップに愛着を持って、じっくり育てて行きたい方に最適です。

  • この記事を書いた人
ウルトラパウダー

ウルトラパウダー

アート・ハンドメイド作品のネットマーケットを15年以上運営してきた経験から、作品販売成功のポイントについて紹介しています。

おすすめの記事

笑顔の女性 1

パンダホール(pandahall)は、品数が豊富だし価格も安いので、とても魅力的です。 でも海外のショップだし、本当に大丈夫なの? と不安に思うこともあります。 そこで実際に買ってみたところ、トラブル ...

shopping 2

採算を度外視して高い材料を使っていませんか? アート、ハンドメイド作品を製作するには、当然のごとく材料が必要ですね。 材料費をなるべく抑えることで、作品の利益率を高めることができます。 作品が安定して ...

business 3

小太郎 手作りのハンドメイド作品を販売したい! おすすめのショップカートってどれ? ハンドメイドをネット販売したい! 自分専用のネットショップが欲しい! どのショップカートが良いのかわからない! クリ ...

-ハンドメイド販売ポイント, ネットショップ開業, 値段設定

Copyright© アート・ハンドメイド作品の販売で成果を出す方法 , 2018 All Rights Reserved.